股関節の痛みがあるのです


今回は、
左の股関節の痛み

を訴えてきた方のお話をしたいと思います。

この方はとくに運動をされているわけではなく、どちらかといえば運動不足の方でした。

股関節が痛み出したのも、特に何かをしたわけではなく、ふと、痛くなったようです。

靴下を履くときと、体重をかけると時々痛むようで、施術前にも痛みの確認をしました。

体を触ると、太もも・おしり・腰が特に硬くなっていて、さらに患部の左がより硬くなっていました。
また、仕事柄、肩こりは慢性化しているとのことで、肩回りは鉄板のようでした。

最初は「鍼は怖い」とのことでほぐしのみで対応。
その中で最後に試しに肩に鍼をしてみて、大丈夫そうだったので2回目から鍼で体を治療することになりました。

1回目の施術で左の股関節の痛みはなくなりました。
本人も嬉しそうに帰っていきました。

ただ、左の股関節の痛みは生活習慣のなかで痛み出したものなので、また痛む恐れがあります。
このかたは股関節や腰だけが悪いわけではなく、肩や足も硬さがありましたので、全体的にほぐしを続ける必要がありました。

本人にもそのお話をして、しばらく続けて通ってくれています。
痛みを取り除くだけでなく、お話もしながら、日々の原因を突き止めてみたり、たわいもないおしゃべりを楽しむこともあり、
終始楽しそうな顔を見ると、私も嬉しいです!

また、鍼が効くことは間違いないのですが、怖がっている人にはなかなか効果も出にくいです。
なので、ゆっくり、患者様自身が「鍼を受けてみたい」と思うまではほぐしで対応できます。

「病は気から」って言葉があるように、笑顔やリラックスする時間って大切だなと感じます。
どんなに技術があっても、気持ちがないと結果が伴わないですねー。

こんな風に、リラックスしながら、楽しみにしてもらえるように施術しています!


コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト

CAPTCHA