とかしきマラソン走ってきました!

こんにちは。店長の一也です。

臨時休業を頂いて、2日(土)にとかしきマラソンに妻と参加してきましたよ。

この大会は、ハーフが1時スタートということで、当日のフェリーで渡嘉敷に向かいます。
大会に合わせて臨時便が運行され、7:30に朝日を背景に出港です。

1時間10分の船旅終了。
クジラの出没を期待していましたが、姿を見ることできずに終わりました。
クジラが見えると、フェリーは止まってくれるらしいですよ。帰りの高速船はスピードを緩めてくれました。
ちなみに帰りの高速船ではクジラが見えるというアナウンスがありましたが、私の席からは見えませんでした。
後方のデッキからは歓声が聞こえましたよ。

上陸後、受付を済ませて、一旦宿へ荷物を置いて、再び会場へ!

今回、一緒に参加した仲間と、妻とユンタクしながらスタート地点へ。
ほぼ最前列にいることに気付いた妻はちょっと焦っていましたwww
ちなみに、1分前には後続の方の邪魔にならないよう、左端へ移動しましたよ。

いよいよスタート!

スタート後は一度、港をぐるっと回るので、妻とすれ違えました。
スタートは事なきを得たようです。

港をぐるっと回ったあとは、再びスタートゲートを逆方向にくぐります。

最初は渡嘉敷の集落を走ります。

ボランティアスタッフを務めるMさんに撮ってもらいました。
普段あまり見られない、ちゃんと走っている写真!

最初の3kmちょっとは平坦。

ここからいよいよ、上り坂がスタート!
手を振ってくれたのに、Nさん気づかずにゴメーンwww

後ろを振り返るとこんな感じ。

上りの途中で坂が緩やかになり、見えてくるのは渡嘉志久ビーチ。

ここから折り返すように林道を登ります。
結構急な勾配がきつい。。。
これがさらに約2kmくらい続くかと思うと、心が折れそうになります。

上り切った後に、少し下るとエイドステーションがあり、Tさんに撮ってもらいました。
この時はまだ元気!3回くらい跳びました。
この後どうなるか。。。。

久比里原林道へ!
この景色の中を走りたかったんです。
以前、自転車で走ったんですよ。その記事はコチラから。

しかし、絶景とは裏腹にこの区間はアップダウンの連続。
遠くに自分の走るコースが見えてくる。
これは、途中振り返った写真です。

アップダウンを繰り返しながら、中間地点をすぎます。
11kmくらいから、下りが多くなります。
13kmの阿波連園地で折返し。

、、、ということは上ります。

この登りが本当にしんどかった。
それまでの下りではスピード感があったのに、上りになると失速感があって、全然前に進んでいる感じがしない。
頑張ってペースを上げようとすると、息が上がるし、どうしたものか。

ただ、この区間で良いのは、折り返しに向かっている、仲間たちと出会えること(笑)
声を掛けながら、可能な限り写真をパチパチ📷

苦しい上りを終えると、阿波連集落に向けて、一気にダウンヒル!

この海の青さは本当に素晴らしい!

集落内には10kmの選手の折り返し地点があるので、すれ違いながらパチリ📷

Kさんは、今回はボランティア。

集落内では島の皆さんからの熱い応援!
ありがたいです。

阿波連を抜けると、最後の上り坂。
これが長くてまたきっつい!

すると、遠くに見えるオレンジを発見!
少しずつ少しずつ近づくと、やっぱりハシカワサイクルのボス!

橋川さんを目標にしたおかげで何とか歩かずに、走って坂を登ることができました。

お互い苦しいところですが、無理やりパチリ📷
ありがとうございました(笑)

上り切ったあたりで、再びTさんに撮ってもらいました。

跳んでみたものの、着地で崩れ落ちそう(笑)
しかも、この後、息が乱れて大変でした。。。

この後、再び渡嘉志久ビーチが見えてきました。

序盤に上った坂を下り、渡嘉敷へ向かう平坦を進みます。
会場に近づくと島の皆さんの応援が!
スタート時もあったけど、疲労困憊のこの時は本当に本当にありがたい。
もう自分の影から、疲れてくる様子が伝わってきそうです(笑)

渡嘉敷小学校のグラウンドに向かうと、ハンドマイクで声援が!
「おかえりー」だったかな。
集落内の平坦でも歩きそうな位、足と心が終わっている位しんどいところにこの声援は沁みます。

そして、ゴ―――――――――ル

マジで疲れた(笑)

記録は1時間47分でした。
順位が25位とまれにみる好成績でした。

ちなみに、完走証の下のビールは自分のではありませんが、受付時にもらう飲み物券で1本飲むことが出来ましたよ。

スタート前、まったく完走できる自信のなかったですが、なんと完走
びっくり。
実は、当初10kmにエントリーしようとしていたところに、「久比里原林道の景色が良いから」と半ば強引にハーフにエントリーさせちゃったんですよね。

会場内には飲食の出店があります。
飲み物券の他に食事券も付いていたので、牛ホルモン汁をゲット!

疲れた身体に柔らかいホルモンと、スープが美味しかった。

その後、沖縄青少年交流の家のバスに乗り、お風呂へ。
ちなみに、写真にはありませんが、お風呂は予約制。
しかもバスの出発時刻に合わせて枠が決められているんです。
つまり、予約したバスの出発時刻までにゴールしないと、会場近くでは風呂に入れないという。。。

もちろん、宿がある人は良いんですけど、でも体中塩だらけなので、出来れば早く汗を流したいですよね。
私は余裕をもって予約していたので、何とかお風呂にありつけましたよ。

お風呂の後はふれあいパーティですが、会場の雰囲気を楽しみながら参加した知り合いやボランティアの皆さんと談笑して宿へ。
一緒に泊まったメンバーで鍋を囲み、早々にブチクン。

おかげで二日酔いもなく清々しい朝を迎えました(笑)

宿近くの展望台からは、渡嘉志久ビーチと阿波連ビーチが見えました。
なかなか伝わりづらい写真ですが、薄暗い中でも海の青さが素晴らしかったです。

帰りは朝一の高速船で。
地元の皆さんから盛大なお見送りがありましたよ。
冒頭でも書きましたが、途中クジラが見えたということで高速船内でアナウンスがあり、速度を緩めてくれました。
私の席からは見えなかったんですが、デッキに立っている人たちからは歓声が聞こえました。

レースを振り返ると、日差しがあり少し暑いくらいでしたが、風は涼しくて走りやすったです。

ですが、、、坂にとことこん苦しめられましたね。
上りも下りもホントにキツかった。

渡嘉敷の素晴らしい景色が無かったら、本当嫌(笑)

でも、ブログを書きながら当日の事を振り返ると楽しかったと思える自分もっと嫌(笑)

来年出るか、今は決められないけど、良い大会でした。
気になっている方は一度出場されると良いですよ。

運営スタッフ、ボランティアの皆さん、ありがとうございました!
渡嘉敷島の皆さん、応援ありがとうございました!


Run Ride POINTは、沖縄初のランニングステーションです。
シャワーロッカー完備で、練習の後に汗を流すこともできますよ。
自転車通勤や通勤ランでのご利用もOK!
レンタルシューズ等、手ぶらでランニングが出来る手ぶらセットもあります。

女性のお客様には、ちゅららのアメニティ(クレンジングローション、モイストローション、リバイタルクリーム)を完備しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Run Ride POINT ラン・ライド・ポイント
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
沖縄県那覇市久茂地3-25-15 JTビルディング1F
県庁前駅、美栄橋駅徒歩6分
 098-917-6440
HP runride-point.com
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
★営業時間
月~金 6:00~21:00 /土 6:00~18:00
定休日:日曜・祝日
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
★料金
1日500円~/1ヶ月6,000円~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

モデルデビュー!

おはようございます。店長の一也です。

今日も雨ですね。路面が濡れているので、車も自転車も歩きも注意が必要です。これから出勤、お出かけになる方はお気を付けてください。

さて、11月にモデルデビューを果たした私ですがwww
デビュー作がようやく公開されました。

映っているのは一瞬ですので、お見逃しなく。
沖縄で自転車乗る楽しみが伝わるかなぁ(*^^*)

私が映っているのは動画だけですが、スポーツアイランドオキナワというサイトは、沖縄のスポーツ旅、スポーツイベントに関する情報が掲載されています。
ご覧になってください。

http://www.okinawasportsisland.jp/

ロケの様子は過去の記事をご覧ください。また渡嘉敷に行きたくなったなぁ(≧▽≦)

渡嘉敷に出稼ぎ(*^^*)

渡嘉敷に出稼ぎ(*^^*)

こんにちは。店長の一也です。

9日(月)から一泊二日の日程で渡嘉敷島に行ってきました。
なんと、観光PR用の映像のモデルとして‼

DSCF5338 (1280x960)

役割はもちろんサイクリストです。
お相手のモデルもおりまして、超きれーな方でした。
鼻の下が伸びてる?なんとでも申してくださいませ( *´艸`)

DSCF5389 (1280x960)

撮影は、渡嘉敷の絶景を背景にお相手モデルさんと一緒に自転車で走ってきました。

最初は、久比里原林道。崖に沿った林道です。
沖縄にこんな場所があったなんて、知りませんでした。

DSCF5352 (1280x960) DSC_1327 (1280x720) DSC_1328 (1280x720)

続いて、阿波連集落での子供たちとの撮影!
ここでは子供たちと3つのシーンを撮影したのですが、子供たちの興味は私ではなくお相手モデルさん(´Д⊂ヽ
まぁ、当然ですよね。

DSCF5359 (1280x960) DSCF5357 (1280x960)

2日目は渡嘉敷港近くの未来橋
下から見て、あそこかよ!ってくらい高い場所に撮影場所が!
到着すると素晴らしい景色!両日とも曇っていて、日差しが少なかったのがちょっと残念でした。

DSCF5380 (1280x960) DSCF5381 (1280x960)

その後、田んぼが広がる地域に移動して撮影。
なぜかヤギが。もちろん食用らしいです。

DSCF5383 (1280x960) DSCF5382 (1280x960)

さらにこの後は、渡嘉志久ビーチでカヤックの撮影!
ここでも曇っていたのですが、一瞬の晴れ間を逃さずに撮影です。
スタッフの名判断に脱帽です。

DSCF5394 (1280x960) 12244100_933683233390289_1740033502_n (960x708)

撮影の他にも早起きして少し走ってきましたよ。
場所は村道大谷線。ここも沖縄じゃないみたいです。
山間の田園風景を眺め、登り続けると今度は海が!本当にもう一度天気の良い日に来たいですね。
途中、天然記念物のシリケンイモリが3匹いました。危うく引きそうになりました(^-^;

DSCF5373 (1280x960) DSCF5372 (1280x960) DSCF5379 (1280x960) DSCF5377 (1280x960)

撮影終了後、スタッフさん達と阿波連園地までドライブ。

DSCF5415 (1280x960) DSCF5416 (1280x960) DSCF5418 (1280x960)

これまで何度か渡嘉敷島を訪れていますが、毎回港でバスに乗ってビーチを往復するだけでした。
しかし、渡嘉敷の魅力は海だけではなかったんです。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は恥ずかしながら知りませんでした。

渡嘉敷はどこも景色の良いところで、走っていてものすごく楽しかったです。
ただ、山々が連なっている島なので、どこへ行くにも一度は坂を登らないといけないんですけどね。

渡嘉敷では基本的に自転車で移動してました。私の唯一のお願いが「自転車で移動させて欲しい」でした!
だって、離島に行くのに自転車で走らないなんてもったいないですもんねぇ。
で、2日間で走行距離62.5km、獲得標高2,043mでした。
なかなかこの短い距離でここまで登ることないですよね。

どなたか、ご一緒に行きませんか?ゆっくり坂を登れば、絶景を楽しめますよ~♪

最後にご一緒したモデルの方やスタッフの皆さんありがとうございました。
皆さん気さくで楽しく心地よい現場でした。右も左も分からないのに、色々とサポート下さりまして、感謝申し上げます。

DSCF5370 (1280x960) - コピー