超初心者対象サイクリング体験会を開催しました

こんにちは。店長の一也です。

21日(木)に超初心者対象サイクリング体験会を開催しました。

このイベントは、ロードバイクなどスポーツバイクに興味はあるけど、乗ったことが無い方を対象に、スポーツバイクに触れてもらい体感してもらおうと企画しました。

この日の参加者はお二人で、まず最初に座学。

といっても難しいことはなく、自転車の楽しみ方、自転車の種類などを大まかに説明しました。

その後、ローラー台に固定したロードバイクに乗ってもらい、変速の操作の練習です。

このレバーを押すと…っていう感じで実際に操作をしながら変速を体験。

実際にロードバイクに乗ってみよう!

でもその前に、止まれない、曲がれないは危険なので、路上での実走の前に公園内でブレーキとコーナリングの練習を行いました。

普段、自転車に乗っているお二人なので乗って走ることは出来ますが、普段とポジションの違うロードバイクの操作はやはり勝手が違うようで、最初は停車して足を着く動作が難しそうでした。
ですが、人や車の無い安全な公園内で反復練習を行うことで、ある程度できるようになりました。

ロードバイクの操作になれたところで、いよいよ路上で走行します。

とはいえ、いきなりスピード上げて乗ることはなく、Run Ride POINTから若狭公園までの直線をゆっくりと走ります。
この日は祝日なので、車が少なく初めて車道を走る方でも安心です。

初めての車道で少し緊張しましたが、すぐに若狭公園に到着してのんびり走ります。

その後、うみそら公園、遊歩道と自動車のないところをゆっくりと走りながら、ロードバイクにさらに慣れてもらいます。

遊歩道まで来ると余裕が出てきましたね。

ゆっくりと走った後は、ロードバイクらしく少しだけスピードアップ!
そして、車体の軽さを活かした上り!

これらを体感するために空港の周回コースへ。
あ、周回コースと言っても走ったのは1周だけ(≧▽≦)

空港周回を終えて、Run Ride POINTへ戻る途中は久茂地の路地をゆっくりと走ります。

すると、立派なブーゲンビリア発見!
5階建てくらいのアパートの上まで花が咲いていました。
ベランダへの枝の侵入が気になるところですが、楽しませてもらいました。

ゴール!

体験会はこれだけじゃない。

今回の体験会で乗ったのは、ロードバイクですが、スポーツバイクは他にも種類があって、それぞれ楽しさが違うんです。
そこで、今回はタイヤの大きいファットバイクと、電動アシスト自転車の試乗車を沖縄輪業様からお借りして、お二人に体験して頂きました。

こちらはファットバイク!ぶっといタイヤがインパクト大!

こちらはミニベロタイプの電動アシスト自転車。坂道もグイグイアシスト。
街乗りとしても気楽に利用しやすいデザインで良いですね。

ちょっと楽しすぎて、変化を求めて公園へ。

楽しそうw

今回使用した自転車を並べてみました。

一言で自転車といっても種類は様々。タイヤのサイズもバラバラ(*^^*)
それぞれに楽しさがあって、それは乗ってみないと分からないです。

終わったら参加したお二人もにこやかで、開催して良かったなーって思いました。

今回のサイクリング体験会で使用する自転車はロードバイクでしたが、Run Ride POINTは、すべての人にロードバイクが適した自転車だとは考えていません。
ご本人の目的や生活に合った自転車がきっとあるはずです。

スポーツバイクに乗ったことも触ったこともない方は、何かに乗ってみることが大切だと思っています。
実際に乗ることで、その自転車の良し悪し、ご自身に合う合わないが分かってきます。

今回は、ロードバイクでした。その他にもファットバイクや電動アシスト自転車も乗り比べました。

こうした体験を通じて、ご自身にあった自転車を選ぶきっかけにして頂きたいと思っていますし、また今回ご参加いただいたお2人も参考になったと思います。

今後も同様に体験会を開催したいと考えております。
そもそもロードバイクは買う予定ない人でも、ロードバイクの良し悪しをご理解すれば、検討の材料になると思います。
また、出来る限り他の種類の自転車もご用意して体験できるようなイベントとしたいと思っております。

今回、ご都合が合わずご参加できなかった皆様は、次回以降の体験会に是非ご参加ください。

参加くださったTさん、Gさん、ありがとうございました。
最期にご協力頂きました沖縄輪業さま、ありがとうございました。


Run Ride POINTは、沖縄初のランニングステーションです。
シャワーロッカー完備で、練習の後に汗を流すこともできますよ。
自転車通勤や通勤ランでのご利用もOK!
レンタルシューズ等、手ぶらでランニングが出来る手ぶらセットもあります。

女性のお客様には、ちゅららのアメニティ(クレンジングローション、モイストローション、リバイタルクリーム)を完備しています。

自転車通勤・通勤ラン応援!キャンペーン実施中です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Run Ride POINT ラン・ライド・ポイント
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
沖縄県那覇市久茂地3-25-15 JTビルディング1F
県庁前駅、美栄橋駅徒歩6分
 098-917-6440
HP runride-point.com
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
★営業時間
月~金 6:00~21:00 /土 6:00~18:00
定休日:日曜・祝日
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
★料金
1日500円~/1ヶ月6,000円~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

超初心者対象サイクリング体験会★レンタサイクル付き(ロードバイク)

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクに興味はある。
でも、高価なバイクはいきなり買うのはちょっとね。
そんな風に思っていらっしゃる方は多いと思います。

スポーツバイクとママチャリってどの程度違うの?
しょせん自転車でしょ!
こんな風に思っている方もいるかも。

そんな方々にスポーツバイクの素晴らしさを少しだけでも感じてもらいたいと思い、ロードバイクの体験会を企画しました。

スポーツバイクで颯爽と風を切って走る感覚をぜひご体験ください!

イベントの概要

この体験会で使用するロードバイクとヘルメットはすべてご用意いたします。
ロードバイクは写真と異なる場合がございます。

体験会ではまず店内でロードバイクの説明を行います。
その後、転倒のないローラー台に乗っていただき、実際に自転車を漕いで頂き、自転車の操作方法を体験します。

その後、ブレーキ操作の確認と練習をした後、那覇市内の比較的平坦なコースをゆっくりとサイクリングします。
ゆっくりとはいえ、自転車のイメージを覆すほどの漕ぎ出しや巡航の軽さを実感できると思います。

走り終わった後は、ロードバイク以外の試乗車を展示予定です。
ロードバイク以外の自転車も実際に触ってみてください。
(協力:株式会社沖縄輪業様)

ロードバイクと言えば、ピタピタのサイクルジャージを思い浮かべる方が多いと思いますが、運動に適した格好でしたら何でも構いません。
私も写真のようなTシャツと短パン、ランニングシューズで参加します。

集合場所 Run Ride POINT
開催日時 3月21日(水)
①午前の部 9:00受付開始 10:00開始/12:00終了(定員5人)
②午後の部 13:30受付開始 14:30開始/16:30終了(定員5人)
※①または②のどちらかご希望の時間帯をお選びください。
定員を超える場合は一方への変更をお願いするため、当店よりご連絡致します。
距離 約14km
比較的平坦なコースをゆっくりと走ります。
サイクリングでは、原則車道を通行しますが、当日は祝日となっており交通量が少ないことが予想されます。
コース

恰好 運動に適した格好でお越しください。
参加費 4,200円(税込)
参加費に含まれるもの:シャワー・ロッカー利用料、傷害保険、レンタサイクル、レンタルヘルメット、ワンドリンク

オプション
①手ぶらセット(ウェア・シューズ・タオル)+1,000円
②レンタルタオル(2枚)+200円
③レンタルシューズ +600円
④レンタルウェア(Tシャツ&短パン) +400円

※雨天時の対応は、前日の17時頃に決定します。

こんな人にオススメ

スポーツバイクに興味はあるけど、乗ったことがない方
スポーツバイクの購入を検討している方
自転車通勤やサイクリングを始めてみたい方

 

お申込み

お申込みは下記のmoshicomよりお願いします。

超初心者対象!サイクリング体験会★レンタサイクル付(ロードバイク) – ロードバイクなどスポーツバイクに興味があるけど、乗ったことない。そんな超初心者を対象にしたサイクリング体験会です。このイベントで使用する自転車はすべてレンタルでご用意しますので、スポーツバイクを持っていない人でもお気軽に参加できます。https://moshicom.com/15412/


Run Ride POINTは、沖縄初のランニングステーションです。
シャワーロッカー完備で、練習の後に汗を流すこともできますよ。
自転車通勤や通勤ランでのご利用もOK!
レンタルシューズ等、手ぶらでランニングが出来る手ぶらセットもあります。

女性のお客様には、ちゅららのアメニティ(クレンジングローション、モイストローション、リバイタルクリーム)を完備しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Run Ride POINT ラン・ライド・ポイント
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
沖縄県那覇市久茂地3-25-15 JTビルディング1F
県庁前駅、美栄橋駅徒歩6分
 098-917-6440
HP runride-point.com
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
★営業時間
月~金 6:00~21:00 /土 6:00~18:00
定休日:日曜・祝日
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
★料金
1日500円~/1ヶ月6,000円~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

屋我地サイクルロードレース

こんにちは。店長の一也です。

16日(日)に開催された屋我地サイクルロードレースに昨年に続き今年も出店しました。

出店は、選手のサポートの他、地域の道路を提供してくださる地元の皆様にも喜んでもらえたらと考え、前日の15日(土)から出店しました。

当日のマッサージブースには、主に出場する選手の方がレースの前後にご利用頂きました。
応援の方もいらっしゃいましたよ。

レース前には、鍼やマッサージでほぐすより、筋膜リリースを施す場合が多かったです。
レース前に受けた選手から、「レースで全部出し切れた」とか、「身体が思っていたより動いた」などの声も頂き、嬉しかったですね。施術したのは妻ですがw

一般の選手だけではなく、ジュニアの選手も利用してくださいました。

今回の出店では、N-Style Lab にった鍼灸治療院さん、LaCure-sports&healingroom(らくあ)さんとご一緒に出店させて頂きました。お二人ともありがとうございました。

そして、出店をお許しいただきました沖縄県自転車競技連盟さま、ありがとうございました。

出店したマッサージブースでは、セルフケアグッズも自由にお試しできるようにしましたよ。

マッサージブースの詳しい内容はPointはり・きゅう治療院のブログをご覧ください。

ここからはレースの様子を

写真のような晴天の中、各カテゴリーで選手の皆さんが力走していました。
立っているだけでも暑かったです。

ちなみに、今回、私はレースの出場を見送りました(^^;)

チャンピオンクラスの優勝は、エカーズ所属の新城選手でした!
おめでとうございます。
ちなみに新城選手は、先日行われた全日本選手権でタイムトライアルのU23のチャンピオンです(*^^*)

私は外とマッサージブースを行ったり来たりして、レースをちゃんと見れなかったのですが、レース展開が面白かったそうです。見たかったなぁ。

出場された皆さん、お疲れ様でした。

レースに出場しなかった私が言うのもなんですが、
結果はいかがでしたか?目標を達成できた人、出来なかった人。

選手の皆さんを見て、競技から私自身の気持ちが離れているような気がしたので、久しぶりに練習に取り組もうかと考えました。

私の様にもっと自転車に乗らなきゃ!と思った方へ!
自転車通勤をすれば、練習時間の確保ができますよ。
仮に、ご自宅と職場がそれほど距離が無かったとしても、早朝や帰宅時に遠回りをするなどして距離を稼ぐことが出来ます。
あえて、坂のあるコースを通勤や帰宅のルートに組み込むのも良いかも。

昨日、ツールドおきなわの開催について記者会見がありましたね。募集は8月から。
11月の本番に向けて自転車通勤を始めてみてはいかがでしょうか?

平日は自転車通勤で、休日はチーム練やロング走などなど。
それぞれの目標に向けて頑張ってみませんか?

Run Ride POINTは、シャワーや駐輪だけではなく、Pointはり・きゅう治療院も併設しているので、お身体のお悩みについてもご相談できますよ。

最後に大会関係者の皆様、選手の皆様、応援の皆様、暑い中本当にお疲れ様でした。
また、大切な生活道路をレース会場として毎回提供してくださる地元屋我地島の皆様に本当に感謝申し上げます。

 

 


Run Ride POINTは、沖縄初のランニングステーションです。
シャワーロッカー完備で、練習の後に汗を流すこともできますよ。
自転車通勤や通勤ランでのご利用もOK!

女性のお客様限定でシャンプーとコンディショナーをボタニストにしています。

7月の予定の予定はコチラをご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Run Ride POINT ラン・ライド・ポイント
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
沖縄県那覇市久茂地3-25-15 JTビルディング1F
県庁前駅、美栄橋駅徒歩6分
 098-917-6440
HP runride-point.com
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
★営業時間
月~金 6:00~21:00 /土 6:00~18:00
定休日:日曜・祝日
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
★料金
1日500円~/1ヶ月6,000円~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2016 ツール・ド・おきなわ(クリーンライド編)

こんにちは。店長の一也です。

去る11月12日と13日、県内のサイクリストにとって最大のイベントであるツール・ド・おきなわが開催されました。

私はレースに参加したので、先日はレース編を書きましたが、今回はレース後に行ったクリーンライド編です。

レースの後は、コース上に補給職のゴミや、ボトルが散乱しているので、サイクリングを兼ねて回収してきました!
といっても、私はサポートカーでしたが(≧▽≦)

レース後のクリーンライドは、地元のチームのメンバーが過去に行っていましたが、私は都合が悪く参加できていなかったんです。
なので、今年は初参加!
地域の方々の理解で走らせてもらった、コースを少しでも綺麗にしようと参加させていただきました。

スタートはこの面々(*^^*)
前日のレースの疲れもあるので、ゆる~くサイクリングスタート♪

dsc_1931-1280x960

まずは名護市街地を北上して、羽路ダムに向かいます。

cimg5229-1280x960 cimg5231-1280x960

羽路ダムから少しずつ、ごみを拾いながら、コースを逆走します。

コース上にはボトルや、補給食のゴミが落ちています。
羊羹とかジェル系ですね。
レース中にポイってやっちゃう人もいるんでしょけど、補給していると落としちゃうこともあるんですよね。
とはいえ、レースだから地域を汚してよいわけではありませんからね。
商品が悪いわけじゃないので、モザイク処理(*^^*)
dsc_1933-1280x960

ゴミは車から見える箇所の他、側溝にも落ちていたりするので、自転車で行う方が効率的!

ライド中はこんな感じ。
ゴミ袋をヘルメットに結んで、拾ったゴミは適宜車で回収します。

cimg5241-1280x960 cimg5239-1280x960

ライド中に大浦の売店で休憩していたら、女子の西選手や金子選手たちが登場!
トップ選手の登場に、ちょっと緊張www

みなさんと別れてから、クリーンライド続行。

そのまま昼食をはさみながら平良まで行って、市街地に戻り終了しました!

メンバーと回収したゴミとボトル!
今回のクリーンライドは、コースの一部でレース中に出たと思われるゴミとボトルに中心に回収してきました。
もちろん、望ましくは全てのコース上のゴミを拾うことなんでしょうけど、現実には厳しいので。

15085622_1231825436874505_5017948827794646483_n

大会は関係者のご尽力はもちろんのこと、地元の方々の多大なるご理解の上、開催されていると思います。
自分たちが楽しませてもらったコースを汚すことなく、来年に繋げたいなと思って今回のクリーンライドに参加しました。

とはいえ、義務感に駆られてやるとしんどなぁって思うのが正直なところですので、今回の様にゆたんくやライドそのものを楽しむ取り組みはとても良いなぁって思いました。

来年もレースを楽しんだ後はクリーンライドに参加しようと思います。

なお、ツール・ド・おきなわ協会からもご協力のお願いがありますので、今日明日とヤンバルに行かれる方はご協力お願いします。


Run Ride POINTは、シャワー・ロッカーが備えられていますので、練習の後に汗を流すこともできますよ。
また、通勤の時に自転車で当店まで来て、シャワーと着替えをして出勤することもできます。
一度、ご利用ください。
自転車やランニングを始めたいという皆さんの応援をしたいと思います。

2016 ツール・ド・おきなわ(レース編)

こんにちは。店長の一也です。

去る11月12日と13日、県内のサイクリストにとって最大のイベントであるツール・ド・おきなわが開催されました。

ご存知の方も多いと思いますが、ツール・ド・おきなわは、UCI(国際自転車競技連合)公認の国際レースを含む15のレース、7つのサイクリングなどが行われるイベントです。特にチャンピオンレースと市民210kmは、国内最長のロードレースとなっています。
今年のエントリー数は、過去最多の4,741人だそうです。

詳しくは大会HPをご覧ください。

また、RBCニュースでも取り上げられていましたので、まだご覧になっていない方は是非こちらの動画をご覧ください。

さて、前置きが長くなりましたが、このイベントに私も参加してきましたよ!

スタート地点へ

エントリーしたのは、市民レース50kmサーティ(30代の部)です。
まだ夜が明けないうちから続々と選手が集まります。各カテゴリーごとに整列して、スタートを待ちます。
スタートを待っていると、顔見知りの選手や関係者と挨拶や会話を交わしながら、リラックスします。

dsc_1905-1280x960 dsc_1916-1280x960

とはいえ、スタート直前は結構緊張しましたが。
というのも、50kmは毎年どのカテゴリーでも落車が頻発するので、気を緩めることが出来ないんですよね。

スタート!

続々と前のカテゴリーがスタートし、いよいよ50kmサーティのスタートです。

先頭が見える位置に位置取りをして前に出過ぎず、かといって消極的にならないよう走ります。

瀬底大橋までの海岸線は40~50km/hで進みます。速い‼
集団が密集している中で、このスピード。落車したらひとたまりもありません(汗)

なので、集団の右端をほぼ走っていました。
それで、ひたすら風を受けることになるんですが、今年は風が弱かったこともあり助かりました。

落車注意(;・∀・)

昨年も落車が頻発した本部警察署前がいよいよ近づいてきます。
集団もここが要注意箇所であることを分かっているので、割と早い段階で集団が細くなった気がしました。
そのおかげで、とても心配していた箇所を無事にクリア。
しかし、その直後にくる本部大橋も要注意箇所。
平坦からいきなり登りになることで、集団の速度が下がると同時に、途中でコースが狭められます。
さらに、前に出走していたカテゴリを抜く必要もあり、ひやひや。
しかし、そこは選手同士が互いに無理な追い越しなどしないよう、慎重に走っていたように感じました。
こんな感じで、前半の要注意箇所をクリア!

上り坂で・・・

続いて現れるのは、海洋博公園に向かう上り坂。
この登りで遅れてはいけないので、しっかりとついていきますが、周りの選手が速くて少し順位を下げます。
その後、海洋博公園を過ぎ、備瀬を過ぎたあたりの登りで、遅れてしまいます。
集団と間が開いてしまい、少し焦りました。

その後、懸命にペースを上げました。
後ろに選手がついていたことが少し確認できましたが、交代する余裕もなくまだ疲れていないので、一人で引くことに。

暫く下り基調だったことと交差点で左折で集団が減速したことで、なんとか集団復帰。
間一髪(*^^*)

その後、落車に気を付けながら疲労しない程度に集団で走ります。

最大難所、天底で

そして、50kmコース最大の難所(?)の天底の坂に突入!
上りの後のペースアップを考え、強度を上げすぎないようにと慎重に登っていたら、、、またもや集団が前に(;´Д`)

これはと思って、懸命に追いますが、なかなか集団が近づかない。いや近づくんですが、もうちょっとというところからなかなか。
同じカテゴリーの選手と一緒に追いかけるのですが、集団は下りでペースがあがって離されてしまいました。

そこから、しばらく一人で進んでいたら、後方から2名の選手が!
その選手たちとトレインを組み40km/h前後で進みます。
その時の写真がコチラ!
珍しく真剣な表情w

15102098_1941026042643674_1838261857_o-1280x853 15060279_1941026089310336_1974619549_o-1280x853

この後、さらに数名の選手を吸収してトレインが大きくなります。
国道58号に入ってもスピードは落ちず、苦しい。。。
さらにフォーティの選手を吸収したと思ったら、先頭に立って引き始めます。
途端にスピードアップ!

ゴールへ

先頭集団には追い付きそうもなく、このままの速度を維持してゴールしたいと踏ん張り続け、いよいよゴール!!!

と思ったら、落車で数名の選手が2ヶ所に分かれて数名が倒れているではありませんか!
一人は全く身動きできない状況。

「うわぁぁぁぁぁぁぁ」って思いながら、速度を緩めてゴール!

結果は1時間17分4秒の42位!
天底で遅れてしまったのが、致命的ですね。
まぁ、天底で頑張ってもその後ついていけたか分からないので、この結果が今の実力ですね。

それにしても50kmは落車ありますねぇ。
そんななか、無事に怪我無く帰ってこれたのは本当に良かったです。
怪我をされた皆さんの早い回復をお祈りいたします。

また、レースは怖かった半面、とても楽しむことが出来ました。

きっと来年も50kmだと思います。
もう少し満足いくレースができるよう、練習を積まないとなぁ。