【レポート】浦添歴史道を走るランニングツアー

先週、県外からのお客様のランニングツアーを実施しました。

今回のコースは、首里城から浦添グスクへつなぐ歴史道を走るコース。
実際に昔の人が通った道を自らの足でたどり、体感できる面白いコースです。

いつものように写真を撮影して出発です。

歴史道は首里からなので、まずは当店から首里へ向かいます。
その間、国際通り、壺屋やちむん通りを通って行きます。

ところが、この日は台風8号の影響で不安定な空模様。
スタート前に雨雲レーダーを確認していましたが、、、

雨が降ってきました☔

一旦、雨宿りをしましたが、暫く止みそうもないので、雨の中を走ることに。
金城町の石畳は滑らないように慎重に。

石畳の途中から大アカギへ。
ここまで来れば、首里城は目の前。

守礼の門。

首里城からようやく歴史道をスタートします。

が、、、儀保までは寄り道しながら、進みます。

指司笠樋川、宝口樋川に立ち寄ります。
今回は台風が近く、数日雨が降っていたこともあり、水量が凄かったです。
また、宝口樋川のそばの川は、まるで滝のような勢いで水が流れていて、いつも以上に那覇にいることを忘れてしまいそうな空間になっていました。

この歴史道で、難所とされていたフェーヌヒラとニシヌヒラ。
このような急な坂道を、昔の人々は往来していたのかと思うと、本当に驚かされます。
ましてや荷物を持って歩くなんて、かなり厳しい。
この日のような天候では、石畳だとしたら、路面がぬれてかなり滑りやすかったと思います。

実際、終盤の当山の石畳では、お客様に注意を促しておきながら、私自身が見事に尻餅をつきました(笑)
ここは本当滑る。。。

当山の石畳を抜けて、浦添グスク公園の展望台を走り抜けて、ゴール!

この後は、ANA ARENA浦添(浦添市民体育館)でシャワーを浴びて、バスで当店まで戻りました。

今回のコースは、定番コースとして設定はしていませんが、お客様のご要望等をお伺いしてご提案させて頂きました。
このように、着替えをバックパックに詰めれば、ゴール後にシャワーを浴びてのんびりとバスで戻ってくることも可能です。

ちなみに、今回ご参加頂いたNさまは、当初はダイビングを予定していました。
ところが、台風の影響で中止となり、予定がぽっかり空いたということで、当店にご相談がありました。
この日は風が強く時折雨が降る状況でしたので、サイクリングも実施が難しかったです。
しかし、ランニングでしたので、ご案内することが出来ました。それでも実施の決定は直前の判断でしたが。

今回のように台風の影響で中止となったマリンレジャーの受け皿として、ランニングツアーがその役割を担うことが出来たというのは、私自身驚きました。

実際にご参加頂いたNさまにも喜んで頂けたようで、実施して良かったです。
Nさま、ご参加頂きましてありがとうございました。

————

定番コースについては、下記のリンク先をご覧ください。
オリジナルコースのご相談も承っております。

ランニングツアー


Run Ride POINTは、沖縄初のランニングステーションです。
シャワーロッカー完備で、練習の後に汗を流すこともできますよ。
自転車通勤や通勤ランでのご利用もOK!
レンタルシューズ等、手ぶらでランニングが出来る手ぶらセットもあります。

女性のお客様には、ちゅららのアメニティ(クレンジングローション、モイストローション、リバイタルクリーム)を完備しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Run Ride POINT ラン・ライド・ポイント
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
沖縄県那覇市久茂地3-25-15 JTビルディング1F
県庁前駅、美栄橋駅徒歩6分
☎ 098-917-6440
HP runride-point.com
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
★営業時間
月~金 6:00~21:00 /土 6:00~18:00
定休日:日曜・祝日
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
★料金
1日500円~/1ヶ月6,000円~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自転車キャンプ楽しいですよ

7月末、キャンプに行って来ました。

一緒に行ったのは、タイラサイクルの平良さんとアウトドアショップNEOSの徳里さん!
自転車とアウトドアのプロが一緒だけあって、楽しくないはずがない!

県内でキャンプと言えば普通は車で行きますが、今回は自転車🚲

持って行ける荷物の量は限られているので、どれを持って行こうか、3人で相談しながら、パッキングしていきます。
特に徳里さんはアウトドアショップの社員ということもあり、道具が豊富!
まるで見本市の様で、そばで見てて楽しくなってきます。

準備が整って、出発前に3人でパチリ📷

スタートしたのは10:30を過ぎた頃。
既に日は高く上がっていて、気温も高め。無理せず、のんびりと行きましょうということで、ゆっくりと走り始めました。

交通量が多く、自動車の速度の高い嘉手納基地の区間は、歩道に逃げます。
普段ロードバイクで通るときは、車道なんですけどね。今回は夕方までに目的地に到着出来れば良いので、ゆっくりと進みます。

最初の休憩は嘉手納の駅
あまり上がってこない展望台まであがり、基地を眺めたり、ソフトクリーム食べたり。
写真撮ってる傍からクリームが溶けてくるくらい、超暑い💦
どれくらいいたんでしょうか。しかも、ここまで約10km???まだまだ序盤(笑)

長すぎるくらいの休憩を取って、再出発。

次に到着したのは、うるマルシェ
ここでは、昼食と夜の食材調達。入口の真ん前には、サイクルラックが置かれていて、自転車に超優しい施設じゃないですか!

早速、3人で食材探し。
スタート前にパッキングしていた様子からお気づきの方もいるかもしれませんが、今回のキャンプ、まずはやってみよう!的な感覚からのスタートなんです。
なので、現地で何を食べるか、どうやって調理するかは未定(笑)

うるマルシェでウロウロしながら、3人で食べたいものを物色します。

おや、これは!?
美味しく頂きましたよー。

買い物の合間にお昼ご飯。
暑い中のライドなので、冷たいおそばが美味しい。3人とも同じメニュー食べました。

それと、ちょっと前に話題になっていて、気になっていたイイダコが丸ごと入ったたこ焼き。
これも美味しかったです。この日は平日だったので待たずに購入できましたが、休日に訪れた時は諦めるくらいに行列ができていました。

もう、どれくらい休憩していたか分かりませんが、ようやく出発。
ここまで、坂らしい坂は避けてきましたが、どうしても避けれないので、頑張って上ります。
特に、徳里さん、普段は自転車乗らないので、きつそうですwww

長くつらかった上りが終われば、一気に下ります。
徳里さん、下り速いしwww

下りきったら、海沿いを進みます。

海中道路では登りもあって、スピードが上がらないので、歩道からゆっくりと。

海の駅を過ぎてからは、車道をゆっくりと。

海中道路を渡ったコンビニで休憩をはさみ、、、、
この休憩も長かったんですが(笑)

本日の目的地へ。

しかも、今回のメンバー3名とも初めて行く場所。

地図を見ながら、右往左往。

途中、Sさんに遭遇し、3ショットを撮ってもらいます📷

終盤の未舗装路で迷子www
しかも上り坂あり。
徳里さん、堪えるよねーwww

でも、それが楽しかったりする。
この道であっているのか、ちゃんとつながっているのか。。。
仕事だと3人ともそれぞれ責任もって、下見したり、念入りに準備したりするんですが、今回はプライベート。
ちょっとした冒険も楽しんじゃおうってノリです。

そうこうしているうちにようやくたどり着いた今回の目的地。
ここからさらに自転車を担いで下りるんですけどね。。。

到着したら、そりゃ~飲むでしょ!
カンパーイ🍻

ヘルメット外すの忘れているし(≧▽≦)

乾杯のあとは、日があるうちにテントを立てます。

私が使うのは、PaaGo Worksニンジャタープ
ポールの代わりに自転車をひっくり返します。

ニンジャタープの使い方は自由。
事前に色々と試しましたが、今回はこの方法でやってみることに。

マットは、ビッグアグネスエアコアウルトラです。
リーズナブルな価格の割に、厚さ9cmあるので、どんな地面でも快適な寝心地を提供します。

ところが、、、これだと風が通らない!
夜は少し暑くて寝苦しかったです。

朝、もう一度やり直した図がコチラ。

長い木の枝をポール代わりにしたら、なんと快適な環境がwww
次回はポールを買って、このスタイルだなと。

テントを立てたあとは、ビーチにある枝を拾い集めて、焚火の準備。

夕食はうるマルシェで購入したお肉やベーコン、野菜をシングルバーナーとクッカーで調理しましたよ。

日没後は、ニンジャファイヤースタンドで起こした焚火の揺らぎが心地よいんですよね。
拾った枝をくべる作業もなんとなく楽しい。

焚火とランタン以外に明かりが無い空間。
空を見上げれば、本当に満点の星空。
聞こえる音も波の音と虫の声と、3人のオジサンの話し声だけ。
あ、ポータブルスピーカーでBGMもありましたね。

最後の休憩場所で買ったビールやワイン、ウィスキーを飲みながらユンタク。
最後は誰も話さなくなって、火や空を見ているだけだったけど、本当に心地よかったです。

23時に近づく頃、さすがに私に睡魔が襲ってきたので、一足先に就寝。

暑くて目が覚めた3時ごろに通り雨がありましたが、ニンジャタープの簡易的な空間でも過ごすことができました。

朝、徐々に空が白んできて、綺麗な朝焼け!
サイコーな朝じゃないですか!

この日も暑くなること必至ですが、そんなことを忘れて朝日を眺めていました。
すると、こんな朝早くからサーファーの方たちが一人、二人と集まり始めて、海へと入って行きました。

この日の朝は私達にとって非日常なのに、朝日と共に海に入っていくサーファーの皆さんの日常のようなライフスタイルがなんだかカッコよく思えました。

ほどなくして、お湯を沸かし、コーヒーを淹れて、飲んだあとは、テントを撤収。

日が高くなると、きっと暑すぎてゆっくりするきになれないので、比較的早い時間帯にここを後にしました。

県道から随分と下ってきたので、帰りは再び上らないといけないんですけど、緑のトンネルの中をゆっくりと登って行きます。

前日の往路で苦しめられた坂を下ります。
下りながら見えるここの景色はいつ見ても素晴らしい。

逆に往路で下った坂を登るのは苦しいですよねwww

往路では上り坂を避けるため、少し遠回りをしたんですが、復路は割と最短経路に近い感じで走ります。
というのも、どうしても上り坂を避けることは出来ないから。

それでも、約10km毎に長めの休憩をはさみ、かき氷を食べたりユンタクしたり。

そして、ゴ――――ル!
タイラサイクルの前で、コンビニ弁当広げながらお昼を済ませました。

県内でキャンプと言えば普通は車で行きますが、自転車で行くことで、そこまでの道中さえも楽しむことができました。
また、持っていける荷物も限られているので、その選択やパッキングなども工夫が必要でした。その分、車でのキャンプより不便を感じましたが、それでは味わえない達成感や楽しさを得ることができましたよ。

ご一緒させて頂いた、平良さん、徳さんありがとうございました!


Run Ride POINTは、沖縄初のランニングステーションです。
シャワーロッカー完備で、練習の後に汗を流すこともできますよ。
自転車通勤や通勤ランでのご利用もOK!
レンタルシューズ等、手ぶらでランニングが出来る手ぶらセットもあります。

女性のお客様には、ちゅららのアメニティ(クレンジングローション、モイストローション、リバイタルクリーム)を完備しています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Run Ride POINT ラン・ライド・ポイント
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
沖縄県那覇市久茂地3-25-15 JTビルディング1F
県庁前駅、美栄橋駅徒歩6分
☎ 098-917-6440
HP runride-point.com
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
★営業時間
月~金 6:00~21:00 /土 6:00~18:00
定休日:日曜・祝日
– – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –
★料金
1日500円~/1ヶ月6,000円~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━